• HOME
  • ブログ
  • INTERVIEW , NEWS , updeta
  • SAY-LA、6月18日にEX THEATER ROPPONGIで行なうワンマン公演「約束の三年目〜今ここから描き出す物語〜」公演へ向け、メンバーから熱いコメントが到着!!!!!!! 

SAY-LA、6月18日にEX THEATER ROPPONGIで行なうワンマン公演「約束の三年目〜今ここから描き出す物語〜」公演へ向け、メンバーから熱いコメントが到着!!!!!!! 

INTERVIEW

  3年前の6月、SAY-LAはワンマン公演の舞台上で、「3年後に日本武道館に立つことをみんなと約束します」と宣言。その言葉を現実にしようと精力的に活動を続けてきた。だが、3年間の日々の中、幾度と続いたメンバーの卒業や加入に伴う体制の変化。さらに、昨年以降に起きたコロナ禍による様々な制限により、当初の予定は大きく変更せざるを得なくなった。

あれから3年後となる6月18日(金)に、SAY-LAはEX THEATER ROPPONGIを舞台にワンマン公演「約束の三年目〜今ここから描き出す物語〜」を開催する。当初の予定とは異なるとはいえ、今もいろんな制約の多い活動環境の中、SAY-LAにとって一番大きな箱での単独公演への挑戦となるように、そこに今のSAY-LAの勢いが示されている。

3年前に舞台の上から「日本武道館を目指す宣言」をしたメンバーは、今やリーダーの藤沢泉美のみ。他のメンバーたちは、宣言後に加入している。あの宣言から3年後に行なう、EX THEATER ROPPONGIを舞台にしたワンマン公演「約束の三年目〜今ここから描き出す物語〜」は、今後のSAY-LAの歩みを示唆するいろんな想いを詰め込む形で行なわれる。この日が、改めてファンたちと約束を交わす場になるのか。それとも、夢をあきらめてしまうのか。そこは当日、彼女たちが舞台上から何を語るのかを楽しみにしてほしい。

今回、メンバーたちがEX THEATER ROPPONGI公演へ向けての想いを語った言葉を寄せてくれたので記したい。この言葉を胸に受け止めたうえで、ぜひ6月18日のEX THEATER ROPPONGIに足を運び、「約束の三年目〜今ここから描き出す物語〜」の意味を感じてもらえたらなと思っている。

咲山しほ 「EX THEATER ROPPONGIでワンマン公演をやるよ」と言われたときは、素直に嬉しかったです。わたしがSAY-LAのメンバーとしてお披露目になったのが、TSUTAYA O-EASTでのワンマン公演でした。今年1月にもTSUTAYA O-EASTでワンマン公演を行なったとはいえ、加入以降からのSAY-LAのワンマン公演は、どんどん会場のキャパを落とした形で行なうことばかりでした。だからこそ今回、SAY-LA史上一番大きい会場でワンマン公演を行なえるのが本当に嬉しいんです。ただ、会場の下見に行ったとき、「こんなに広い会場を、自分たちだけで埋められるのだろうか」と不安にかられ、一週間くらい情緒不安定にもなっていたんですけど(笑)。今は「絶対に埋める」という気持ちしかないし、今のSAY-LAのメンバーだったら、「ここを埋められるんじゃないか」と思っています。もし埋めきったときには自信を持ってより大きなステップを踏めるなと思ったら、すごくワクワクしてきます。

沙藤まなか 「こういうセットでやりたい」とメンバー内でよく話していたセットを組める規模の舞台に、今回、ようやく立つことができます。いろんな都合もあるので、どこまで実現可能になるかも正直ありますけど、私たちが理想としていたセットを組んだ中でライブをやれると思ったら、すごくわくわくしてきます。他にも、今まで挑戦したことのないことも披露するように、そこは当日の楽しみにしていてください。
今のメンバーになったのは1月4日に行なったワンマン公演のときですけど。あのときは、新しいクラスになったばかりのような感覚で、まだぎこちない面もありました。あれから半年、毎日のように一緒に過ごしてきたこともあって、メンバーみんなの絆もすごく深まりました。その信頼関係が、どんな風にステージへ反映してゆくのかにも注目してください。

加藤まい ワンマンライブというのは、今の自分たちの集大成を見せる場。その目標に向かって頑張れる場でもあるように、そういう場を与えていただけたことにわたしは感謝しています。確かにEX THEATER ROPPONGIは大きい会場ですけど、それに見合うSAY-LAの姿を見せれるよう、メンバーみんなでいいパフォーマンスをしていきたいなと思っています。
個人的なお話にはなりますが、日本武道館という大きな目標だけだと、今のわたしの場合、そこまでの距離がまだあり過ぎて、なかなか現実問題として捉えにくいんですね。でも、わたしが加入した1年前から数えても、渋谷WWW、TSUTAYA O-EAST、EX THEATER ROPPONGIと着実にワンマン会場の規模を上げて進んでこれているように、常に目の前にステップアップした目標があり、その経験を着実に積み重ねてきたことは、わたし自身はもちろん。SAY-LAとしてのモチベーションを上げてゆくうえでも大きな力になっています。だからこそ、今回のEX THEATER ROPPONGI公演をしっかりと成功させ、そこからまた新しく大きな夢を掲げて進んでいきたいし、それを繰り返し続けていけたらなと思っています。

七聖真祐 この間、メンバーみんなでEX THEATER ROPPONGIの会場へ下見に行ったんですけど、とにかく広くて綺麗な会場に圧倒されました。私たちが見たのは、お客さんの入ってない状態の箱。「お客さんが入ったら、どんな景色が見えるんだろう?」というのは、まだ想像しきれてないのが、正直な今の気持ちです。ただ、気持ちを前に動かすうえでの強いモチベーションにはなっています。
やはり、目の前のEX THEATER ROPPONGIや、先に見据えている日本武道館という目標があると頑張れる力になりますよね。まずは、目の前にある、SAY-LA史上一番大きな場所となるEX THEATER ROPPONGIでのマンマン公演を成功させること。そのライブを経験することによって、今はまだ想像もつかない日本武道館という舞台に立っているSAY-LAという姿も、もしかしたら想像しやすくなるのかなと思っています。EX THEATER ROPPONGIという会場に相応しい舞台セットや演出はもちろん、見てくださる人たちがびっくりするようなパフォーマンスをしますので、きっと喜んでもらえると思います。

ももち もも わたしやひなち(小椋妃奈乃)が入って間もない頃にこのお話を聞いたんですけど。私たちのデビューステージになったTSUTAYA O-EASTでのワンマン公演のときよりも、さらに会場が大きくなっていたから、正直まだ想像つかないです。わたしとひなちの場合、今年1月に行なったTSUTAYA O-EASTでのワンマン公演でデビューと言っても、事前に予告していたのではなくサプライズでの登場だったように、ワンマン自体もフルで出演していたわけではないんです。言ってしまえば、今回のEX THEATER ROPPONGIでの公演が、わたしにとっては、SAY-LAのメンバーとして初のワンマンライブのようなもの。
ワンマン公演に向けてしっかり楽曲を覚えなきゃなど、今はまだまだいっぱい練習しなきゃいけない状態です。でも、わたしがSAY-LAに入って良かったと言ってもらいたいし、わたし自身もSAY-LAの力になりたいと思っているから、今はワンマン公演へ向けてもそうだし、毎回のライブ活動もコツコツ頑張り続けるだけです。この日はSAY-LAにとって初となる新しいことにも挑戦するし、これまでみんなが見たことのないものを今いろいろ練習しているように、見どころは多いと思います。同時に、今の7人編成でのSAY-LAの集大成を見せる場にもしていけば、そこもしっかり見せたいなと思っているように、超豪華なワンマン公演になると思います。

小椋妃奈乃 わたしのSAY-LAメンバーとしてのデビューライブが、1月4日にTSUTAYA O-EASTで行なわれたSAY-LAのワンマンライブのとき。それから半年経って、6月18日にはEX THEATER ROPPONGIというとても大きな会場でのワンマン公演も決まりました。この半年間で、どれくらい成長できたのかを見せる場にもなるように、そこを楽しみにもしているんですけど…。
今回の公演では、今までのSAY-LAがやってこなかった新しいことにチャレンジするから、そこに注目してほしいです。わたしがデビューステージとして立ったTSUTAYA O-EASTでのワンマン公演のときは、サプライズでの登場ということから、まだ参加する曲数も限られていました。そこから半年経ってどれだけ成しできたかを見せる場にもなれば、デビューライブのときに「わたしがSAY-LAに入って良かったと、みなさんに思ってもらえるようになりたいです」と宣言したように、本当にそう思ってもらえるワンマンライブにしなきゃという気持ちを今は強く持っています。長くSAY-LAを応援しているファンの方の中には、「前のSAY-LAのほうが良かった」と思っている人たちもいると思います。でも、そういう人たちにこそ「今の7人のSAY-LAも凄いんだぞ!!」という姿をしっかりと見せてゆくワンマンライブにしていきたいです。

藤沢泉美 今までのワンマンライブは、対バンを通して上がったことのある場所ばかりでした。今回のEX THEATER ROPPONGIは、SAY-LAにとって本当に初めて足を踏み入れる場所であり、SAY-LA史上一番大きな会場でのワンマン公演になります。そのぶん、SAY-LAとして表現したかった世界観をより明瞭に伝えてゆく公演にもなると思います。この日の公演では、SAY-LAとして新たな試みも行ないます。内容は当日のお楽しみということで、ここでは言えません(笑)。でも,これまでの中でも一番難しいことを表現してゆくように、今は、メンバーみんなそれを具現化するために日々頑張っています。むしろ、「今のSAY-LAのメンバーもすごいんだぞ!!」という姿をみんなに見せつけたいです。
今、SAY-LAを応援している人たちはもちろん。今は離れてしまった人たちも、見逃したら後悔するようなライブになるように、これまで少しでもSAY-LAのライブを観たことのある人たちはぜひ目撃して欲しいです。でないと、あとで「あのとき見ておけば良かった」と後悔しても私たちは責任を負えませんから(笑)。もちろん、初めて観る方でも楽しめますから、そこは安心してください。この日はSAY-LAの歴史の中、一番重要なポイントのライブになるのは間違いないので、絶対に触れたほうが良いと思います。会場で、みなさんをお待ちしています。

TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

レコチョク presents SAY-LA
EX THEATER ROPPONGI ワンマン
「約束の三年目〜今ここから描き出す物語〜」

supported by WIZY
【出演】 SAY-LA
【公演日】 2021年6月18日(金)
【会場名】 EX THEATER ROPPONGI
【時間】 開場 18:00/開演 19:00
【料金】 前売り SS席 全自由 \30,000-(税込/整理番号付/ドリンク代別/特典付)
S席 全自由 \10,000-(税込/整理番号付/ドリンク代別/特典付)
A席 全自由 \2,000-(税込/整理番号付/ドリンク代別)
C席(カメラ使用OK) 全自由 \15,000-
(税込 / 整理番号付 / ドリンク代別) C席は一般発売のみ
当日 未定
【主催】 NEXTROAD
【企画・制作】 I-GET
【協賛】レコチョク
【一般お問い合わせ先】 ネクストロード 03-5114-7444 (平日14:00~18:00)
【チケット】
https://eplus.jp/sayla/

【入場順】
イープラス(整理番号順)→当日券                              
詳細は、以下へ。
https://ameblo.jp/saylanews/entry-12669130422.html

SAY-LA LIVE DVD BOX
「Stage Libraries」
2021年6月12日発売
DVD 5枚収録
20,000円(税込)
IGETV-7
I-GET MUSIC
初回限定特別仕様

disc1 2021/1/4 渋谷O-EAST
disc2 2020/10/29 渋谷WWW
disc3 2020/1/2 渋谷O-EAST (Bonus Disc)
disc4 2019/8/10 渋谷STREAM HALL
disc5 2019/4/3 渋谷WWWX

「3000年に一度の正統派アイドル」SAY-LA、2019年から2021年年始に行われたワンマンライブ全5本の模様を収録した豪華版!

購入は、I-GET ONLINE SHOPにて。
https://iget.official.ec/
https://iget.official.ec/items/43192976

SAY-LA Web
http://www.say-la.jp/
SAY-LA twitter
https://twitter.com/SAY_LA_info
SAY-LA NEWS BLOG
https://ameblo.jp/saylanews
SAY-LA 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCuj7LzynR7CWTLG6KPSUEeg

関連記事一覧