みんなを”ときめき”の魔法で夢中に、メロメロに。高未悠加(燃えこれ学園)生誕祭の模様をレポート!!   

NEWS

燃えこれ学園が、2020年6月より月2回のペースで行なっている「無観客ライブ配信」。3月の無観客ライブ配信1本目は、3月2日(火)に「高未悠加生誕祭」として開催。この日のセットリストは、高未悠加みずから選曲。彼女にとって初となるソロ曲の披露に加え、自身で制作した動画まで上映してくれた。当日の模様を、ここにお伝えしよう。

 ライブは、心の声を歌声に乗せて届けるように「時の砂」から幕を開けた。胸に宿る願いを、苦しくて切ない想いを吐き出すように歌い躍るメンバーたち。心の痛みや叶えたい想いを、彼女たちは真っ直ぐに伝えてゆく。願いを込めたメンバーたちの力強い歌声が、熊野はるの絶唱が、画面越しでもしっかりと伝わっていた。
景色を塗り替えるように、楽曲は「Re-START」へ。切ない想いを胸に抱いた少女は、悲しみを振り切り希望を胸に新しい道へ踏みだそうと、「Re-START」を笑顔で元気に歌っていた。1本の物語を綴るようにライブを進めてゆくところが、夢想家の高未悠加らしい。何時も以上に力強く、迫力を持って歌声が響くのは、彼女たち自身が楽曲の中へ気持ちを重ね合わせ、ここから新しい始まりを告げる意識でいたからに違いない。

 自己紹介のときには、話をするメンバーの一列後ろにいるメンバーたちが、カメラを意識したポーズをしながら次々と映り込んでいた。當銘菜々から始まった遊び心が、何時しかメンバーみんなに伝染したようだ。今宵の高未悠加の自己紹介の声が、何時も以上に元気だったことも伝えておこう。

 「わたしの夢が始まった1曲です」と語った高未悠加の言葉に続き、次のブロックは「Lost in Time 」からスタート。この曲でもメンバーたちは、秘めた想いを告げるように歌っていた。何時も以上に歌声が凛々しく聞こえたのは、彼女たちが胸に抱えた気持ちを、見ている人たちの心にしっかり届けようとしていたからだ。
 時計の針の音を合図に流れだしたのが、「星の記憶が降る夜に。」。このブロックでは、恋する乙女の心模様を記した歌を次々届けてきた。好きな相手に想いを募らせる歌を並べながら、彼女たちはライブを通して一人の少女の恋物語を作り出してゆく。

 切ない恋に涙する乙女心を歌ってきた流れを、一気にキラキラとした輝いた日々へ塗り替えるように、燃えこれ学園は「風と君と虹と僕」を元気に、明るい声で歌いだした。メンバーみんなタオルを手に、心の涙を振り切りながら夢に向かって走り出していた。振り上げたタオルを回す姿に触発され、見ている人たちも画面越しにタオルを振って熱狂。その様をコメント欄へ書き込んでいたように、たとえ距離はあろうと、みんなが気持ちを一つにライブを楽しんでいた。
 「すき!すき!好き!!」が飛びだしたとたん、キュンと胸がときめきだす。恋する純粋で真っ直ぐな想いを、彼女たちは「君が好き」と満面の笑顔で歌っていた。曲中では、この日の主役の高未悠加が、熊野はる先生にヤンチャして怒られるようなやり取りも見せていた。
この日の高未悠加は、終始力強い歌声を響かせながら元気なパフォーマンスを届けてきた。その気持ちが他のメンバーたちに伝わったからこそ、みんなであふれ出るエネルギーを解き放つ熱いライブにしていた。

 次に届けたのが「0(zero)」。闇の中で迷走する想いを振り切り、新たな光をつかむためここからもう一度走り出そうとする想いを、彼女たちは凛々しい歌声を通して伝えてきた。ネガティブな感情を受け止めたうえで、みずからの気持ちをポジティブに変えていこうとするメンバーたち。弱さを認めたうえで輝きをつかもうと歌う「0(zero)」が、見ている人たちの胸を熱く奮わせていった。

ここからは、高未悠加のコーナーへ。ドレス姿に着替えた彼女は、手にした手紙を読み出した。

「高未は普段、生意気でいきりがちですが、一人になると、とたんにビビリになってしまいます。今もすでに、笑っちゃうくらい足が震えています。私にとって二度目の生誕祭を開催していただけたことが本当に嬉しいのと同時に、とても不安でした。不安で不安で、メンバーのみんなに迷惑をかけてしまったこともたくさんありました。今年度は、より多くの楽曲に参加させてもらいたいと先輩に付き合ってもらい、たくさん練習もしました。それでも実力はなかなか追いつかなくて、理想と現実の違いに苦しむ毎日でした。本当は、後輩にもっと格好いい姿を見せたいのに、先輩たちに頼られるほどの自分になりたいのに、「なんでわたしはここにいるんだろう」と思うことが何度も何度もありましたが、このグループで生きていくと決めた決意は変わらずに持っています。いろいろと迷惑をかけているのに、たくさん自分の時間を使ってくれるメンバーのみんなに支えられて今、このステージに立っています。このグループに関わる方々は、間違いなく私の人生にとって最高の人たちです。本当にありがとうございます。
今日はついに、ソロ曲をこの後みなさんに聞いてもらいます。こんなわがままでビビリなわたしにソロ曲をくれたみんな、いつも高未を支えてくれて本当にありがとうございます。この1年でみんなとの関わりは、会えないからこそ深く大きくなり、活動が思うように出来なかったときでも大きな支えになってくれて、本当に心強かったです。今日は、わたしの全力を込めてこの曲を歌います」。

手紙を読み終えた後に高未悠加が歌ったのが、初のソロ曲「みらくる☆まじかる☆わんだーらんど」。二次元が大好きな高未悠加らしい、ピコピコとしたゲーム音も組み込んだ、ポップでメルヘンなチップチューンだ。気持ちをわちゃわちゃ騒がせる、カラフルに弾けた天真爛漫な超絶可愛いポップソングなのも素敵だ。普段は、照れ隠しから生まれる小生意気な仕種や言動も見せがちな彼女だが、この歌では思いきり胸をキュンキュンさせるチャーミングな二次元魔法アイドルになり、愛らしさをたっぷり振りまきながら歌っていた。高未悠加が掛けたときめきの魔法にかかり、きっと見ている人たちも彼女の姿や歌声にメロメロになっていたことだろう。

 次に披露したのが、高未悠加が制作したアニメ画によるメンバー紹介動画。彼女の視点でー一人一人を紹介。各メンバーとの2ショット写真も映しながら、高未悠加の視点から伝えることで、メンバーの魅力がひと味違った姿で伝わってきた。

 「わたしの夢は日本武道館単独公演をみんなで実現することです」。高未悠加の言葉を受け、歌いだしたのが「Shiny Dream」。輝く未来をこの手で絶対につかもうと誓うように、彼女たちは歌詞のひと言ひと言を胸にしっかり受け止めながら、力強く歌声を響かせていた。その信念が揺るがない限り、少しずつだけど、きっと夢に近づいていける。この歌を聞きながら、そんな気持ちに心が染まっていた。
次に披露したのが、生誕祭ではお馴染み、主役をみんなでお祝いする「お誕生日おめでとう」だ。當銘菜々の「悠加、お誕生日おめでとう」の声に、「はい」と反応する高未悠加。そこが素直な彼女らしさ。胸を嬉しくときめかす楽曲を歌っている最中も、當銘菜々が「悠加ちゃん、好き好きちゅちゅちゅっ!」と高未悠加に愛らしく絡む場面も見せれば、メンバーみんなで高未悠加を囲みながら笑顔で祝福してゆく。互いに強く信頼しあった姿に、胸がキュッとさせられた。後半には、メンバーみんなが高未悠加と同じ魔法のスティックを持って歌う姿も見せていた。それはきっと、高未悠加の掛けた夢中に、メロメロになる魔法にみんなが掛かってしまったから?!

最後に届けたのが、「ミラクる✩妄想がーる」。主役である妄想ガールの生誕祭に相応しい楽曲だ。メンバーみんな魔法のスティックを手に、舞台の上で無邪気にはしゃいでいた。この歌に触れながら、ときめきという無数のキラキラとした輝きで心がいっぱいに満たされていた。ときめきがあふれそうな気持ちになっていたのは、メンバーたちは、もちろん。見ている僕らも、高未悠加の掛けた輝く自分になれる幸せの魔法に染まっていたからに違いない。

歌い終わり、お馴染みメダル型のサイン色紙の授与。高未悠加は、「今、世界で一番幸せなのはわたし」と語っていた。

ここで、三浦千鶴が高未悠加に向けて書いた手紙を読み出した。
「今日は生誕祭、そしてソロ曲発表おめでとう。悠加が燃えこれ学園に入ってから、もうすぐ2年が経つね。2年前の今頃、悠加が躍る「Lost in Time」を初めて見たとき、この子にはどうやってダンスを教えたらいいのか本気で頭を抱えました。でも、今日の「Lost inTime」すごく格好良かったよ。悠加には初めて話すけど、膝を痛めて何も出来ないと感じていたわたしにダンスを教える楽しさを教え、自信をつけてくれたのは悠加です。私はもともと教えることが苦手なので、最初の頃はきつい言い方もしていたかも知れないです。それでも、何も出来ない私を頼ってくれてすごく嬉しかったよ。ずっとめげずにたくさん練習して、とくにこの1年間は難しいダンスの曲も踊れるようになって、今日燃えこれ学園の楽曲に全部参加することが出来たね。本当におめでとう。
昨日、いっぱいいっぱいになってすごく苦しそうにしてたよね。そういう悠加の姿を見ると、「力になりたい」ってみんなが思います。それは悠加のことが大好きで、可愛くて仕方ないと思っているからです。悠加が私たちメンバーのことを大好きと思ってくれているのと同じで、私たちも悠加のことが大好きです。だから、安心して燃えこれ学園にいてほしいです。ここにいるみんなは悠加の味方だから、もっとまわりの人たちを頼ってほしいなと思います。普段は恥ずかしくて面と向かって言わないけど、大好きだよ!!」
三浦千鶴のその言葉を聞き、「もう一回」と高未悠加がリクエスト。照れながらも、もう一度「大好きだよ!!」と言った言葉を聞き、「わたしも」と小声で言いながら、三浦千鶴に笑顔で抱きつく高未悠加の姿が、とても可愛かった。

最後に高未悠加が、「今、言葉にできないくらい本当に嬉しいです」と、この日の感謝の言葉を述べ。メンバーみんなで「校歌」を斉唱。この日の感動を、次のライブへ繋げていった。

次は、3月26日(金)に白金高輪SELENE b2を舞台に『2020年度ありがとうSP!』をライブ配信にて開催する。チケット購入者の中から抽選で40名が、この日のライブに招待される。無事に観客を入れての開催になれば、約1年ぶりの観客たちを前にしたライブになる。メンバーやファンたちがどんな表情を浮かべるのか、今から楽しみだ。

PHOTO:平島理
TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

3/26(金)『2020年度ありがとうSP!』
https://tiget.net/events/122438
開演19:10〜 ライブ配信
会場:白金高輪SELENE b2

『燃えこれ学園なぁなり〜ラジオ』
毎週火曜日 25:00〜放送中!
放送局:FM那覇(78.0Mhz)
パーソナリティ:成田、當銘
※ラジオはアプリListenRadio等で、全国でもお聴きいただけます!!

2000人の方へCDお届け企画開催中!
《CD通販サイト》
https://movingexpress.syncsell.jp/re-start-%e7%87%83%e3%81%88%e3%81%93%e3%82%8c%e5%ad%a6%e5%9c%92/

燃えこれ学園 Web
http://moecore.com/
燃えこれ学園 twitter
https://twitter.com/moecoregakuen
燃えこれ学園 BLOG
https://ameblo.jp/moecoregakuen/
燃えこれ学園 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/moecoregakuen

燃えこれ学園 / 「オルゴール」【Live PV Ver.】

「Re-START」MV

セットリスト
「「時の砂」
「Re-START」
MC
「Lost in Time」
「星の記憶が降る夜に。」
「風と君と虹と僕」
「すき!すき!好き!!」
MC
「0(zero)」
MC
「みらくる☆まじかる☆わんだーらんど」
高未動画
「Shiny Dream」
「お誕生日おめでとう」
「ミラクる✩妄想がーる」
MC
「校歌」

関連記事一覧